HDDの断片化を解消(すっきり!!デフラグ)

Windowsをそれなりに長く使い、ソフト、アプリ、ドライバーなどのインストール、アンインストールなどを繰り返しているとファイルの断片化がすすみ、Windowsの動作が重くなる。すっきり!!デフラグでは自動でチェックディスクやデフラグをこなしてくれる便利なツール。寝ている間に作業をすることも可能。

  1. 「すっきり!!デフラグ」を起動すると「ノーマルモード」「ウィザードモード」を選択することができる。特にこだわった使い方をしないのであれば「ウィザードモード」を利用しよう。ウィザードに従って順番に設定をすすめていけばいい。「デフラグ→自動設定」を選択しよう。
  2. ウィザード内でごみ箱、テンポラリファイル、ieキャッシュの削除なども選択できる。
  3. 「すっきり実行の方法」画面ではデフラグの方法を選択でき、下に行くほど効果も。最初に実行するなら「シェルを替えて実行」を選択しておく。
  4. 設定終了後、一番のプルダウンから「すぐに実行する」をクリックする。さらに高度な設定で実行したい場合は、「ノーマルモード」に切り替えて使ってみるといい。デフラグには時間がかかるが、実行中に強制終了させたりすると深刻な不具合が起きることがあるので注意。