net一覧

NO IMAGE

リスク管理としての法的対策

インターネットセキュリティは「知的財産」をいかに守るかが最大の焦点です。この「知的財産」、カタチがないゆえにつねに危険にさらされています。 「カタチのある財産」は、その権利者が利用していれば他人は利用できません。しかし、営業秘密のような「カタチのない財産」は、いったん他人に知られてしまうと、権利者と同様に利用できます。また、情報のデジタル化によつて複製も簡単で、オープンネットワーク上では一気に広がってしまいます。

NO IMAGE

ハウジングホスティングサービス

企業には、インターネットのホームページ、電子メールなどを利用した情報の発信は欠かせません。しかし、インターネットを実際のビジネス活動に有効に活用すればするほど、専用回線などの設備投資やシステム管理者の育成・雇用のためのコストが大きくなります。こういったジレンマを解決してくれる新しいアウトソーシングサービスが、ハウジングやホスティングです。

NO IMAGE

アカウントの一元管理

いくらセキュリティのためでも、システムごとに何種頼ものユーザーID/パスワードを使い分けなければならないのでは混乱していまいます。シングルサインオンを導入すると、ユーザーは複数のID/パスワードを入力する必要がなくなり、管理者にとってはアカウント管理の負担が軽減します。