倫理的セキュリティ一覧

セキュリティーポリシーの運用

セキュリティポリシーの作成後、業務に則したポリシーの適切な運用を実施しなければなりません。セキュリティポリシーは、ある時点で完結してしまうー時的なプロジェクトではなく、経理やマーケテイングのような組織として継続して行う活動であり、その運用lこは定期的かつ定量的な監査が必須になります。

NO IMAGE

セキュリティポリシの策定

セキュリティポリシーを策定、運用するには、多くの問題や障害が生じます。しかし、セキュリティポリシーは、企業の情報資産にアクセスできる状況にある人が、必ず守らなければならないもので、社則と同じ義務的な命令でなければなりません。

NO IMAGE

企業倫理・セキュリティポリシー

ビジネスの世界には、あらゆる危機が潜んでいます。バブル崩壊以降、一流企業の不祥事が相次いでいます。特に倫理面の不祥事に対するリスクは、企業の社会的信用を致命的に失墜させます。企業の不祥事は、企業と個人の双方に、極めて高いリスクを招きます。

セキュリティーポリシーの重要性

メインフレーム環境でのセキュリティ対策は、守備範囲を限定することが可能したが、、情報技術の高度化・複雑化・大規模化により、状況はがらりと変わってしまいました。情報システムに対するビジネスの依存度が増加し、今や「情報資産への脅威」は「ビジネスヘの脅威」へと変化しています。

NO IMAGE

情報セキュリティポリシーの重要性

情報資産は、企業の存亡を決する重要な意味を持ちます。ビジネスの情報戦暗におけるMIS(経営情報システム)からSIS(戦略情報システム)への変遷は、経営の要である企業資産として、人、物、金に「情報」が新たに加えられたことを明確に物語っています。この企業情報の資産を的確に保護、管理することが、セキュリティ対策のポイントです。