脅威一覧

NO IMAGE

コンピューターウィルスの脅威

コンピューターウィルスとは悪意のある人間が重要なデータが格納されているコンピューターを破壊したり、またはいたずら目的で開発したプログラムであり、生態系のウィルスと似たような性質を持っています。1台のパソコンでもコンピュータウィルスに感染すれば、瞬時にして大量のパソコンに感染し、甚大な被害を被ります。

NO IMAGE

破壊の脅威

ネットワーク環境における破壊の脅威とは、外部からの侵入による通信やコンピュータシステムなどが破壊される脅威です。直接的な攻撃による破壊もあれば、ウィルスの感染、自然災害、電源障害などの脅威も含まれます。

NO IMAGE

改ざんの脅威

インターネットにおける情報改ざんの脅威は、電子メールやwwwサーバー、FTPサーバー、DNSサーバーなど、さまざまな通信サービスが対象となります。特に公開型のサーバーシステムは、絶えずハッカーからの攻撃による改ざんの脅威にさらされています。

NO IMAGE

なりすましの脅威

商品の発注や決済行為を不正に操作する脅威です。個人のパーソナルデータを利用してユーザIDやパスワードを不正に作成したり、掲示板などのフォーラムで本人になりすまして、いやがらせやいたずらなどの行為を行う場合があります。

NO IMAGE

侵入の脅威

企業への侵入というと、以前は敷地内の侵入が主なリスクでしたが、インターネットと企業ネットワークの接続やモバイル環境の構築などにより、ネットワークを利用した企業情報の窃盗、バックドアの設置など、さまざまなハッキング手口が脅威となっています。

NO IMAGE

オープンネットワークがかかえる問題

オープンなネットワークの構築は、情報の共有化による生産性の向上を実現しつつありますが、情報の分散化による新たな脅威を生み出してしまいました。この新たな脅威こそ、セキュリティ対策の重要なポイントであり、適切な対応が必要となります。

NO IMAGE

企業資産の形態の変化

インターネットのセキュリティを考える前に、企業の資産価値について認識を変える必要があります。特にここの考え方が古いまま攻撃にあってしまった場合、大変なことになります。

NO IMAGE

企業ネットワークの脅威

ここ最近、企業システムの情報化投資は、パソコンを中心にしたオープンなネットワーク化による業務改革が重視され、ネットワークの規模拡張や整備が急ピッチで行われています。また、これまではソコンだけでよかったのですが、タブレット、スマホなど多岐にわたります。

NO IMAGE

インターネットの脅威

ネットワーク型の企業は、システムの拡張やバージョンアップなどとともに盗聴や侵入、破壊といったさまざまな脅威の危険性があります。これら脅威に対する防御策がセキュリティ活動の基本となっています。代表的な5つの脅威について。