破壊の脅威

ネットワーク環境における破壊の脅威とは、外部からの侵入による通信やコンピュータシステムなどが破壊される脅威です。直接的な攻撃による破壊もあれば、ウィルスの感染、自然災害、電源障害などの脅威も含まれます。

デジタルデータは扱いやすい分壊れやすい

コンピュータに保存された電子的な情報は、非常に壊れやすい弱点があります。たとえば、コマンドひとつで、跡形もなく数十メガ、数百メガの電子データを一瞬にして消去できます。それに比べ、紙に記録された情報を完全に消去するには、溶解、焼却、シュレッダーなどが必要で面倒です。
つまり、コンピュータ化が進んだ現在のオフィスでは、紙からデジタル情報へ移行するにつれ、情報の破壊に村する脅威が高まっています。デジタル時代にふさわしい情報の管理や万全な保護対策が必要です。

主な破壊攻撃

ネットワーク社会は、実社会以上にさまざまな破壊の脅威にさらされています。特にインターネットの場合、ウィルスの感染によるコンピュータシステムの破壊やping攻撃による通信不能攻撃、あるいはメール爆弾によるシステムの停止など、さまざまな破壊攻撃による被害が多発しています。これら破壊攻撃に村する脅威の理解と対策が必要です。インターネットにおける主な破壊攻撃は、次の3つがあります。

  1. ping攻撃
  2. メール爆弾攻撃
  3. 使用不能攻撃(Dos攻撃)

ウィルス感染による破壊

ウィルスに感染したネットワークシステムは、複製処理が連鎖的に行われ、通信回線のトラフィックが急上昇して通信不能状態に陥る場合があります。ウイルスの種類によっても異なりますが、ハードディスクを初期化したり、ファイルをゼロクリアするウィルスなど、ウィルスに感染したネットワークは、さまざまな破壊の脅威にさらされます。インターネットの通信は、不特定多数の利用者と幅広いコミュニケーションを実現しましたが、ウィルスの感染が原因と考えられるコンピュータシステムの破壊が急増しています。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です