使用頻度の高いアプリは「スタートメニュー」に登録して素早く起動

「Windows」の「スタートメニュー」には、初期設定の段階では、「インターネット」「電子メール」の二つが登録されている。この下には、自分の希望のアプリや使用頻度の高いアプリ以外にもファイル、フォルダなどを自由に登録することができる。

アプリを登録するときは、まずデスクトップ画面にそのアプリケーションのショートカットをコピーする。さらに、今作ったショートカットを「スタートボタン」に重ねるようにドラッグし、そのまま1~2秒まって「スタートメニュー」が開いたら、そのショートカットを空白領域に移動しドロップする。

フォルダやファイルを登録するときには、ショートカットを作らず、そのフォルダやファイルを直接ドラッグ&ドロップ。

コメント