章の区切りなどで改ページする際に使うキー

長大な文書を作成しているときには、大見出しや小見出しのほかに章で区切ったり、関連する図版や表組みを別のページに挿入するケースがある。
こんなときに便利なのが、「改ページ」。

改ページとは、読んで字のとおりだが、ページを改めるという機能。改行がが行を改めるのと同様に、改ページはそのページにまだ文字入力するスペースが残っていても、強制的に次ぎのページの頭に飛ぶ。

ワードの文書は、基本的に印刷することを前提にしているため、表示方法を「印刷レイアウト」にすると上下左右のマージン「紙の端から文章領域までの余白」やページの境目がよくわかり、どういったレイアウトで印刷されるかを確認しながら文書を作ることができる。
必要に応じて「改ページ」機能を使えば、長大な文章もより見やすく的確にまとめられる。

操作は簡単で改ページを行いたいところで、「Ctrl」を押しながら「Enter」を押すだけ。この機能を知らないと、改ページしたいところに無駄な改行をたくさん入力するとか、空白のテキストボックスを作って文字を回り込ませるなどの手間がかかり、これだと文章を編集したときにレイアウトが一気に崩れてしまう。