ページをめくる、文頭、文末へのショートカットキー

ワードなどで文書を作っていて、文章量が長くなりボリュームが増えてしまうとページがどんどん増えていく。

ワードの文書ファイルは、印刷が行われることが前提なので、ぺージ数が増えるのは、やむを得ないが、自由にセルを移動できるエクセルの表と違って文書全体を眺めたときに順序よくスクロールしなければ、ならないからマウスのポインタをいじるにしろ、キーボードの「↓」「↑」を押すにしろ、結構疲れてしまう。マウスでスクロールバーをドラッグするのもページが十数ページもあると場所が見当がつけづらい。

そこで覚えておきたいのが、ページを前後に移動するショートカット類。

  • 「Ctrl」+「Page Up」…前のページの1行目に移動
  • 「Ctrl」+「Page Downn」…次ぎのページの1行目に移動
  • 「Ctrl」+「Home」…ファイルの冒頭に移動
  • 「Ctrl」+「End」…ファイルの最終行に移動

希望のページを表示する「Ctrl」+「G」も便利に使える。「ページ番号」蘭に数字をそのまま入力するとそのページへ、また「+4」と入力すると、先へ4ページ、「Ctrl」+「-3」と入力すると、前へ3ページ、ジャンプする。