パソコン操作中に席を離れるときに使いたいショートカット

ビジネスでパソコンを使っている場合には、セキュリティ対策に気を配ることは非常に重要。パソコンの画面には重要な機密データが表示されているケースもある。
特に社外の人には見られては困るデータがたくさんある場合は多い。

席を離れる時に、ファイルを保存して全て閉じるのは少し面倒だ。席に戻ってきたときには、ファイルを再度、開かなくてはならない。

こんなときおすすめなのが「Windows」+「L」というキー操作。この操作を行うと、パソコンは、Windows起動時のユーザー選択画面に瞬時に切り替わる。
席に戻ったら、パスワードを入力してロックを解除する。すると、パソコン画面は、ロック前の状態に戻り、すぐに作業をはじめることができる。

最近は、USBメモリを使ってパソコンにロックをかけるアイテムなども登場しているが、簡単操作でセキュリティを確保することができる。
USBメモリを鍵にするツールは、こちらを参照