確定しまった文字列の再変換

文書や表を作って後で読み返してみると、漢字の変換ミスに気づくことがある。
たとえば、
「文書を構成する」
「文書を校正する」
などのミスがあることがある。

こんなとき、間違っている部分を削除して、正しい文字入力をするのが、普通ですが、実はもっと簡単な方法があります。それが再変換です。
間違っている部分を選択(ワードであれば、「Shift」+方向キー。)して、エクセルであれば、「F2」を押した後で、「Shift」+方向キーをして変換キーを押せば新たな変換候補が表示される。

ドラッグして削除していた人は試して欲しい。