ネットワーク一覧

その他の脅威など

機密情報の保護には、情報の生成、保管、転送から破棄まで、終始一貫した総合的なセキュリティ対策が必要です。目に見えない情報の管理は、生成から廃棄まで徹底した情報セキュリティの管理体制が必要です。

ECサイトの弱点

インターネットを活用した電子商取引(EC)も一般的になりましたが、商品の発注や課金システム、個人情報など、金銭こ関連する情報がハッカーの標的となっています。ECサイトのサーバーシステム構築では、安全で堅牢なセキュリティ対策が重要な鍵を握っています。

エクストラネットの弱点

エクストラネットの構築では、暗号やアクセス制御による社内の物理的なセキュリティ対策以外こも、接続する相手企業のセキュリティ対策も重要となってきます。セキュリティ対策の遅れた企業は、エクストラネットによる相互接続が難しくなります。

イントラネットの弱点

イントラネットの運用については、グループウェアと同じ社内コンテンツの管理やアクセス制御および機密情報の漏洩防止対策など、イントラネットに適応したセキュリティ対策が必要です。

インターネットの弱点

インターネットを活用した企業間取引や顧客へのサービス提供などは、もはや戦略的なビジネス展開を模索する企業にとって欠かすことのできないものとなりました。 しかし、インターネットの通信環境は、ハッカーによる不正侵入からウィルス感染まで危険にさらされています。

モバイルを使った場合の弱点

モバイルは、外出勤務の多い営業マンやサービスマンなどの活動範囲を広げる便利なシステムツールです。しかしシステム構築や運用に不備があると、外部からの不正な侵入の裏口として機能してしまいます。

PC-LANの弱点

PC-LANを中心にしたネットワーク環境は、パソコン周辺のすべてがセキュリティの弱点となる危険性を秘めています。パソコン本体やハブ、ケーブル、プリンタなどの情報機器が、企業情報を盗み出す道具として機能します。

パソコンとその周辺の弱点

パソコンを中心としたオフィス環境のOA化は、利便性を飛躍的に改善しつっぁりますが、セキュリティの強度を下げる弱点ともなります0 これらセキュリティの弱点となる脅威については、適切なセキュリティ対策が必要です。

ルーター、スイッチングハブ

ネットワークシステムでは、ルータと呼ばれる通信装置が最も重要な働きをになっています。2つ以上の異なるネットワーク間に中継する通信機器で通信プロトコルにTCP/IPが使われるようになってから普及しました。ルータ同士を相互に接続し合うことで、大規模なネットワークが構成されています。